『私たちが通ったアメリカの学校ー小・中・高校フィールドワーク』(2011年自費出版,ISBN 978-4-901242-95-0)本書に描かれたのはアメリカの普通の公立学校の生活.あれから早10年・・・みんな元気にしているかな?学校はどうなっているだろう.2012年3月コロラドの春の日射しの中で『私たちの学校の今』を見つける旅が始まった.アメリカ庶民の素顔に迫る写真満載の続編スタート.Time goes by fast!

2012年11月9日金曜日

4 more years!!

 アメリカの大統領選挙が終わりました。わがColoradoは接戦州の一つで、僅差の勝負(オバマ: 51.2%、ロムニー:46.5%)となりました。本書と本ブログの主要登場人物であるG家の面々、この選挙でも相変わらず元気で精力的です。
 
 G家はメキシコからアメリカへの移民ですが、アメリカ生まれのBさん、Cさんには選挙権があります(アメリカ生まれのアメリカ国籍保持者)。ふたりとも早々と投票を済ませました。CさんはFacebookに「私の初めての選挙!!」と興奮した様子で書き込んでいます。のんびり屋でめんどくさがり屋のBさんも、鼻息荒く(笑)いの一番に書き込みました。
「私はなんでも物事を先延ばしにする方 (I know I'm a procrastinator)だけど、ちゃんと投票してきたわよ!」
 えらい!!確かにアメリカの選挙って、ちょっと面倒なんですよね。日本では20才になれば、家に投票券が送られてきます(住民登録してあれば)。アメリカでは、自分で選挙人登録をしなくてはなりません。投票したければ、投票日1ヶ月くらい前(州によって多少異なる)までに、自分できちんと手続きをする必要があります。家でのんびり待っていても選挙はできません。本書の方に良く登場する『我が相棒K』(このブログではまだ登場していませんね。E小のランチルームで一緒に働いた仲間です)は、いつも文句たらたらでした。
「投票したいけど選挙人登録がめんどくさい」
 それでもあの2000年の大統領選挙(ブッシュとゴアの大接戦というか泥試合)の時、「I'm Gore Person!!」(私はゴア支持なのよ)と堂々と宣言して投票に行きました。アメリカ人は自分の支持政党をはっきり口にします。選挙人登録の時、支持政党を書き込まなければならないこともあるでしょう。低所得層のKは『金持ちで親の七光りのお坊ちゃま』を毛嫌いしていました。あの頃のコロラドは共和党が強かったので、「みんな何もわかっちゃいない!」といつも憤慨していましたっけね。オバマでは2回とも民主党が勝ちましたから、さぞかしKもよろこんでいることでしょう。

 今回の選挙について、ちょっと地理的に見てみましょう。


 これらの地図を見ると、今度の選挙の特色がよくわかります。
左側いちばん上の地図
勝利した州の数はオバマ26、ロムニー24(フロリダはまだ決まってない)で2州違い。獲得選挙人はオバマ303、ロムニー206で97人も違います。どうしてこんなに違うかというと
左側の3番目の地図で緑の濃いところ(西海岸と東海岸)を見てください。
緑が濃いのは人口の多いところですが、そこはすなわち選挙人の多い州です。ロムニーのとった州で選挙人の多いのはテキサスくらいで、あとはカリフォルニア、ニューヨークなど、ことごとくオバマがとりました。
右側の三つの地図
一番上はカウンティごとの投票結果。コロラドは州としては青(民主党)が勝ち、選挙人(9人)を獲得しましたが、州の東側やロッキー山脈側は赤くなっています。コロラドの中でも比較的人口が多い地域で民主党が強かったわけで、決して州全体が民主党というわけではないのです。真ん中はヒスパニックの分布です。コロラド、ニューメキシコ、見事にヒスパニックの多いところ(赤〜オレンジ)が、上の地図の青いところ(民主党)と重なります。一番下は黒人の分布ミシシッピ川沿いの濃い緑色の地域(黒人が多いところ)も、みごとにいちばん上の地図の青と重なります。

 オバマの勝利には、ヒスパニック(出口調査ではヒスパニック有権者の71%がオバマ、ロムニーは27%)、若者、女性の力が大きかったといわれています。Bさん、Cさんは、まさにこの3条件をすべて揃えています。アメリカに住み続けるために苦労の大きかったG家にとっては、オバマが出した「30才未満の不法滞在者に対する救済策」が、心に大きく響いたのかもしれません。